1. HOME
  2. 育毛の基礎知識育毛サプリメントで髪の毛は太くなるの?効果や成分・注意点について

育毛サプリメントで髪の毛は太くなるの?効果や成分・注意点について

サプリメント

育毛に関するアイテムで育毛剤の次によく見かけるアイテムが育毛サプリメント。最近はサプリメントブームということもあり、ネットで話題に上がることも多いようです。そこで今回は育毛サプリメントで髪の毛が太くなるのか、効果や成分、注意点などと共に紹介していきましょう。

育毛サプリメントで髪が太くなる?

育毛サプリの服用によって髪が太くなるか。これには個人差があるように思えます。そもそもサプリメントというのは足りない栄養を補うように作られた商品であり、それだけで髪の毛に必要な栄養がすべて詰まっているわけではありません。そのため、サプリを使う人の生活習慣などによって効果に違いが出てくるわけです。

そのため、Aさんはサプリの服用で薄毛が改善したのに、Bさんは薄毛がまったく改善しなかった。なんてこともありえます。実際、いくつかの口コミを見ていると、サプリの服用によって髪の毛が生えた人と生えなかった人、両方の意見が混濁しています。そのため、一概に効果があるとは言えないでしょう。ただ、逆に効果が無いとも言い切れません。要はサプリを導入したうえで、他の薄毛対策をどうするかが重要なわけです。

育毛サプリの効果とは

育毛サプリの効果は育毛に関する栄養の補給。私たちは普段の食事によって様々な栄養を摂取していますが、人間が健康的な毎日を送るのに必要な栄養素というのは予想以上に多いもので食事だけですべてを補うのは不可能に近いです。

そして、毛髪のために必要な栄養が不足すれば、当然ながら薄毛は進行してしまいます。そうならないよう、必要な栄養素を補うのがサプリの役目。詳しくはこれから紹介しますが、育毛サプリには毛髪に効果的な成分が豊富に含まれています。

育毛サプリに含まれる成分

育毛サプリは配合されている成分によって発揮する効果を変えます。ここからは実際に配合されている代表的な成分をいくつか紹介しましょう。

亜鉛

昔から亜鉛は髪の毛によいとよく言ったもの。育毛サプリにはほぼ必ず含まれる成分のひとつです。そもそも亜鉛というのは新陳代謝を高めたり免疫力を高めるほかに、タンパク質の合成に関わるという大切な役割を持っています。このタンパク質の合成が育毛効果に関連するもの。髪の毛というのはタンパク質から作られるため、タンパク質の合成に必要な亜鉛の摂取が髪の毛を太くすると言われているのです。

また、男性型脱毛症、いわゆるAGAにも効果的。AGAの原因であるDHTの働きを抑制してくれるため、薄毛の進行を止めることができます。さらにDHTには髪の毛を細くする効果もあるため、摂取によって髪の毛の太さを保つことが出来ると考えられます。

アルギニン

精力剤や身長サプリに含まれることも多いアルギニンは非必須アミノ酸のひとつ。そのため、体内で作り出すことが出来るのですが、歳をとるごとに生成能力が落ちることから、外部的な手段での摂取が必要になってきます。

そんなアルギニンには血管拡張作用があるため、頭皮の血行を促進することが可能。血行の悪さから髪の毛に十分な栄養が行き渡らないと、それが原因で髪の毛が細くなってしまいます。逆に血行がしっかり改善されれば、自然と髪の毛の太さを一定に保てるわけです。

ノコギリヤシ

こちらも亜鉛同様に多くの育毛サプリに配合される成分。ギザギザした葉っぱが特徴的なことからノコギリヤシと呼ばれています。そんなノコギリヤシにはオクタコサノール、ステロールなどの成分が含まれており、これらがDHTを作り出す元凶である5aリダクターゼと呼ばれる酵素の働きを抑えます。

そのため、AGAによる薄毛を食い止めることができるでしょう。ちなみに、ノコギリヤシはあくまでも男性の薄毛対策用成分。女性の薄毛にはあまり効果が期待できないようです。

コラーゲン

ここ最近注目を集めているのがコラーゲン。美容効果だけでなく育毛にも効果があるのではと言われています。アメリカでは実際に試験が行われており、1日14グラムのコラーゲンの摂取によって髪の毛が太くなる現象を確認したとか。

ちなみに髪の毛が太くなった割合は1割ほどだそうです。しかも、14グラムのコラーゲンの摂取をやめた後は髪の毛の太さが元に戻ったよう。このことからコラーゲンは育毛に効果を発揮すると見ていいでしょう。

育毛サプリの注意点

上記のような成分を配合した育毛サプリにはいくつかの注意点があります。ここからは服用前に知っておきたい注意点についてみていきましょう。

目安量は必ず守る

サプリメントには基本的に目安量が設定されているので必ずこれを守って服用するようにしましょう。というのも、栄養というのは適度な摂取が一番であり、過剰摂取は体に毒となることも。たとえば亜鉛の長期的な過剰摂取は嘔吐や頭痛、発熱、倦怠感などを引き起こすと言われています。

亜鉛の1日の摂取目安は成人男性で40から45ミリグラム、女性で30から35ミリグラム。目安量を守っていれば、これを超えることはないはずです。ただ、食事で大量の亜鉛を摂取した際は少し調整するといいかもしれません。

他にもカプサイシンやイソフラボンなど過剰摂取によって健康被害が出る成分が配合されていたりします。サプリメントは一気に大量に飲めば効果が出るわけでもありません。毎日一定量を摂取することで初めて効果を発揮してくれるアイテムです。それを忘れることなく、焦らずゆっくり摂取を続けていきましょう。

添加物にも注意

今や育毛サプリには多くの商品があります。その中には添加物が大量に使われているような商品も存在するでしょう。添加物が絶対に悪とは言いませんが、頭皮に対して悪影響を与える可能性は十分に考えらえます。下手をすれば添加物の影響で頭皮環境が悪化してしまうこともあるでしょう。そのため、添加物を大量に含んだサプリの購入はおすすめしません。

一概には言えませんが安すぎる商品には添加物が多く含まれていることがあります。購入前には必ず添加物の有無をチェックし、それから購入するようにしましょう。値段の安すぎる商品は何か落とし穴があると考えておいた方が利口です。

値段に気を付ける

注意点とは少し違うかもしれませんが、上記の添加物の有無以外にも気を付けてほしい点がひとつ。それは適度な価格のサプリにしておくということです。先ほど安すぎるものがダメと言いましたが、逆に高すぎる商品もよくありません。なぜなら、サプリの値段が高すぎれば継続的な摂取が難しくなるからです。

サプリの基本は焦らずゆっくり服用を続けること。月給の10分の1も持っていかれるようなサプリでは継続しての摂取が困難でしょう。これなら続けられる、と思える価格帯のサプリの中から最良のものをチョイスするようにしてください。

結局育毛サプリってどうなの?

育毛サプリは上記で紹介したような成分を含むことから、髪の毛を太くするのに一役買ってくれるでしょう。ただ、必ずしもすべての人の効果があるとは限りません。冒頭で言ったように効果がある人がいる反面、効果が無い人も存在します。これは育毛サプリ以外の薄毛対策や生活習慣に差があるからこそ起きるのでしょう。そのため、育毛サプリだけでなく、他の対策をどう併用するかが重要です。

育毛剤を使用する

育毛サプリと育毛剤は併用することが可能です。実際、育毛剤を購入すると育毛サプリがおまけとして付いてくることも。本当に薄毛対策を考えるなら育毛剤を併用してみましょう。サプリメントと育毛剤で体の内側と外側から育毛をサポート。これはこれからの育毛の基本になるかもしれませんよ。

2つの商品を常に購入しなければいけないというデメリットは付きまといますが、ぜひ実践してみてください。実際、育毛剤を併用し始めてから育毛効果を実感したという意見を多く見かけます。

生活習慣の改善も忘れずに

いくら育毛サプリを飲んでいても、寝起きの時間が不規則だったり、そもそも寝不足だったり、食事が外食ばかりといっただらしない生活習慣では頭皮環境を悪化させるばかりです。サプリに含まれる栄養素が多少は薄毛の進行を食い止めるかもしれませんが、そんな生活を続けていればいずれはハゲてしまうでしょう。

ですので、真剣に薄毛対策を考えるならサプリと育毛剤の使用だけでなく生活習慣も改善すべきです。特に睡眠不足は育毛の敵。他にもストレスを溜めこむのもよくありません。後、喫煙している人はすぐにでもタバコを止めましょう。喫煙は育毛を阻害すると言われています。

まとめ

育毛サプリメントについての記事はいかがだったでしょうか。亜鉛やノコギリヤシを含む育毛サプリは確かに髪を太くしてくれるのですが、それだけではダメなのです。生活習慣の改善や育毛剤も取り入れて、薄毛改善を目指しましょう。

© 2017 育毛ラボ イクモッチ All Rights Reserved.