1. HOME
  2. 育毛・薄毛の成分ジヒドロテストステロンの抑制方法!AGAの原因、DHTの役割や作用

ジヒドロテストステロンの抑制方法!AGAの原因、DHTの役割や作用

医者

みなさんはジヒドロテストステロン、通称DHTと呼ばれる男性ホルモンの一種をご存知でしょうか。これは男性型脱毛症であるAGAの原因となりえるホルモンであり、薄毛対策にはDHTの分泌を抑制することが大切と言われています。今回はDHTの抑制方法やその役割などを紹介しますので、気になる方はぜひチェックしてみてください。

ジヒドロテストステロン(DHT)とは

DHTとは男性ホルモンの一種で、テストステロンと呼ばれる男性ホルモンが5αリダクターゼと結合し変換されて作られます。しかし、テストステロンが骨格や筋肉の成長、やる気の増加などの効果を持つのに対して、DHTが持っているのは薄毛や体毛の増加などです。

言ってしまえばデメリットが目立つ効果です。そのため、薄毛で悩む方ほどDHTをいかに抑えるかが重要。対策をきちんとしておかないとDHTが原因で薄毛がどんどん進行してしまうこともあります。

DHTが及ぼす悪影響

DHTは既に話したようにAGAに対して悪影響を及ぼします。具体的にはDHTが毛髪の元になっている毛母細胞の働きを低下させて薄毛を進行させるというもの。これによって髪の毛を作るための細胞分裂が減少し、髪が弱く細く抜けやすくなってしまうのです。おそらく、AGAの進行はDHTの持つ悪影響の中で最も厄介なものです。

ただ、DHTの持つ悪影響は薄毛に留まりません。たとえば、DHTは前立腺肥大を引き起こす原因としても有名です。実際、DHT対策として用いられるプロペシア・フィナステリドというのはもともと前立腺肥大を抑えるための薬として利用されてきました。要は前立腺肥大の原因であるDHTを抑えるため、治療に有効な効果を発揮したわけです。

前立腺肥大症は頻尿になったり、尿の排出が困難になったりと、尿に関するトラブルを引き起こす原因となります。また、DHTには髪の毛を除いた体毛を濃くしたり、ニキビを発症させたり、顔のテカリを強くしたり、体臭をきつくしたり、見た目の印象を悪くするような効果を多く持ちます。言ってしまえば男性的な部分を強調するような悪影響。同時にやる気を失くさせたりの効果も持ち合わせます。

DHTの役割とは

上記でDHTが薄毛や抜け毛だけでなく、様々な悪影響を持つと分かりましたね。しかし、そんな悪い効果ばかりを持つDHTがなぜ体内に存在しているのでしょうか。これには理由があって、DHTは母親の胎内にいる際に男性器を発達させる役割があるのです。

つまり、DHTが無ければ男性器が上手く発達したり、成長したりできません。男性なら誰しもがDHTの効果で男性器を発達させたのち生まれてくるわけです。そのため、母親の胎内にいる時には欠かせない存在。

しかし、生まれた後は先ほど紹介したような悪影響が多く出てきます。このことから、悪玉男性ホルモンという呼ばれ方をしてしまうのですが、元をたどれば非常に大切な役割を持ったホルモンだったわけです。

ジヒドロテストステロンの抑制方法

ここからはDHTの具体的な抑制方法を見ていきましょう。DHTが原因で薄毛が進行していると思えば、すぐにでも抑制をはじめて対策をしてみてください。食事や生活習慣でも改善可能なので今日からでも簡単に始められます。

薬でDHTを抑制する

DHTを抑制するためにはテストステロンと5aリダクターゼが結合するのを阻害する必要があると言われています。つまりは、5aリダクターゼを抑制することが出来れば、結果としてDHTの発生も抑制できるわけです。そんな5aリダクターゼの抑制をしてくれるのがフィナステリドと呼ばれる成分です。

これはプロペシアやフィンペシア、フィナロ、フィンカーなど多くの薄毛対策製品に配合されている成分であり、定期的に摂りいれることでDHTの発生を抑制することができます。

内服薬や外用薬など多くの製品に含まれるほか、一部クリニックでは専門の治療薬を用意していることがあるようなので、気になる方はカウンセリングを受けてみるのもいいでしょう。ただ、フィナステリドには肝機能への悪影響や勃起不全など、発症率こそ低いものの副作用があるようなので使用の際は様子を見ながらにしてください。

育毛剤でDHTを抑制

ヒオウギエキスやオウゴンエキスといった生薬成分を含む育毛剤にはDHTを抑える効果があるとされます。そのため、これら成分が配合されている育毛剤をチョイスしてDHTを抑えるのもありでしょう。育毛剤であれば比較的楽に入手できますし、他の面から薄毛の進行を食い止められる可能性もあります。また、医薬品であるプロペシアなどに比べれ副作用が少ないのもメリットです。

食生活の改善で抑制

DHTは亜鉛やイソフラボンの摂取で抑えることが出来ると言われています。そのため、亜鉛やイソフラボンを含んだ食品の摂取で抑制できる可能性は十分にあるでしょう。亜鉛を含む食べ物と言えば牡蠣やレバーなどが有名ですね。他にもタラバガニやしじみなどに含まれると言われています。

また、不足していると思えばサプリメントで補う方法もあります。レバーや牡蠣などが食べられない日はサプリメントなど、上手く工夫して摂取してみてください。イソフラボンは主に豆腐や納豆などの大豆製品に含有されています。

研究から大豆製品と緑茶や紅茶を一緒に摂取することでDHTの抑制になるとも発表されているので、試してみるのもいいでしょう。ただ、緑茶にはテストステロンを減らす効果があると言われているので紅茶の方がおすすめ。テストステロンには筋肉や骨格を成長させたり、やる気を増加させる効果があるのです。

生活習慣の改善で抑制

DHTの抑制は日々の生活習慣を改善することでも行えます。たとえば、あなたはきちんと運動をしていますか。ジョギングやウォーキングなどの運動で汗をかくことでDHTを排出することができますし、適度な運動は血行改善にも効果を発揮します。

また、水を多めに飲むのもおすすめ。単純に発汗量を増やすことができるうえ、尿からDHTの排出を促すことが可能です。ただ、先ほども言ったように緑茶はテストステロンを減らしてしまうので気を付けてください。

後はストレスに気を付けるように。過度なストレスを受けると亜鉛を必要以上に消費することから、DHTを抑えるための亜鉛が不足してしまいます。飲酒や喫煙でも亜鉛は消費されるようなので、薄毛をしっかり対策したいのならお酒やタバコはほどほどに。そしてストレスを適度に解消するようにしてください。

© 2017 育毛ラボ イクモッチ All Rights Reserved.