1. HOME
  2. 育毛・薄毛の成分5αリダクターゼの抑制方法は?特徴や分泌メカニズム、役割とは

5αリダクターゼの抑制方法は?特徴や分泌メカニズム、役割とは

考える人

5αリダクターゼは酵素のひとつで薄毛の進行に深く関わる成分。男性型脱毛症などの薄毛を対策するには、いかに5αリダクターゼを抑えるかが重要とも言われています。そこで今回は5αリダクターゼの抑制方法を詳しく紹介。同時にその特徴や分泌のメカニズムなども解説していきます。

5αリダクターゼとは

5αリダクターゼは冒頭でも話したように私たちの体内に存在する酵素のひとつです。男性ホルモンであるテストステロンと大きく関わりがあり、同時に男性型脱毛症などの薄毛にも大きく関係する成分です。そんな5αリダクターゼにはⅠ型とⅡ型の2種類があると言われているので、まずはそれぞれの特徴を見ていきましょう。

Ⅰ型5αリダクターゼとは

Ⅰ型5αリダクターゼは皮脂腺に多いとされる酵素であり、Ⅱ型と比べると薄毛に対する影響は少なめです。存在する場所は側頭部や後頭部の他、全身であり、Ⅰ型5αリダクターゼの分泌量が多い人ほど肌が油っぽくなります。よく油でテカってしまう方はⅠ型5αリダクターゼの分泌量が多い可能性がありますね。

Ⅱ型5αリダクターゼとは

主に薄毛の原因となるのは、こちらのⅡ型5αリダクターゼの方です。Ⅱ型5αリダクターゼは前頭部や頭頂部といった部分の毛乳頭に多く存在し、Ⅰ型5αリダクターゼと比べて薄毛の原因になりやすいと言われています。そんなⅡ型5αリダクターゼの分泌量が多い方はヒゲや胸毛など体毛が濃いことが多いです。もし、自分のヒゲが毎日のように濃くなっているのなら、それはⅡ型5αリダクターゼのせいかもしれません。

5αリダクターゼの役割と悪影響

5αリダクターゼは何も薄毛を引き起こすためだけに存在しているのではありません。実はきちんとした役割持っており、男性ホルモンであるテストステロンの働きを補助してくれるのです。

テストステロンとは骨格や筋肉を増強したり、やる気を増加させたり、性欲を上昇させたり、精子を生成したり、男性的な部分を強化するうえで欠かせない働きを持ったホルモンのこと。これを補助するということは男性的で健全な身体を作る助けをしてくれると言っても過言ではありません。ただ、髪の毛については別。5αリダクターゼが多いと薄毛など毛髪への悪影響を及ぼします。

具体的なメカニズムとしては、まずテストステロンが5αリダクターゼと結びつき、ジヒドロテストステロンへと変換されます。これは通称DHTと呼ばれる男性ホルモンで毛乳頭細胞にある男性ホルモン受容体に影響を及ぼし、頭髪のサイクルを狂わせてしまうのです。

つまり、薄毛に直接影響するのはDHTという男性ホルモン。5αリダクターゼはその発生を促す成分と言えるでしょう。そのため、5αリダクターゼを抑制することで薄毛の対策となるわけです。

5αリダクターゼ分泌のメカニズム

5αリダクターゼの分泌については個人差があり、これは遺伝的要素が大きく関係すると考えられています。たまにハゲは遺伝するという話を聞きますが、言い換えれば5αリダクターゼは遺伝する、となるのかもしれませんね。

5αリダクターゼの活性効果のある遺伝子は優性遺伝子であることから、父親か母親、どちらか一方が5αリダクターゼに関する遺伝子を持っていると子供がそれを引き継いでしまいます。

父親や母親が薄毛に悩んでいた覚えのある方は、自分も薄毛に悩む可能性が高いと思っておいた方がいいのかもしれません。そして、これから紹介する対策方法を早めにとりいれましょう。

5αリダクターゼの抑制方法

5αリダクターゼの抑制方法にはいくつか存在します。項目ごとに分けて詳しく解説していきますので、自分に合いそうなものをとりいれてみてください。

薬で5αリダクターゼの抑える

5αリダクターゼは薬で抑えることができます。有名なものとしてはプロペシアでしょうか。プロペシアを始めとした薬にはフィナステリドと呼ばれる成分が含まれており、これはⅡ型5αリダクターゼを抑制してくれます。

先ほども言ったようにⅡ型5αリダクターゼは薄毛と特に関係の深い酵素。それを抑制することが出来れば薄毛の原因となるDHTの発生を抑えることが出来るでしょう。フィナステリドを配合した薬はプロペシア以外にも数多く存在し、中にはフィナステリド以外にもミノキシジルやアミノ酸、ビタミン類など毛髪に良い影響を及ぼす成分が配合されていたりします。

また、フィナステリドは内服薬としてだけでなく、外用薬としても効果を発揮。クリニックなどでも処方してもらえるので、気になる方はカウンセリングを受けてみるのもいいでしょう。ただ、フィナステリドには副作用があるとも言われているので気を付けてください。

育毛剤で抑制する

5αリダクターゼの抑制に役立つのは亜鉛やキャピキシル、オウゴンエキス、ヒオウギエキス、グァバ葉エキス、アゼライン酸などと言われているので、これらを含んだ育毛剤を使用するのもいいでしょう。育毛剤であれば他にも多くの育毛成分を含んでいることから、強力な薄毛改善効果が期待されます。

食事で5αリダクターゼを抑える

薬は副作用が心配という方は食事で5αリダクターゼを抑えるのもいいと思います。5αリダクターゼを抑えてくれる成分は亜鉛やイソフラボン、ノコギリヤシ、アロエなどですね。

亜鉛はレバーや牡蠣、シジミといった食品、イソフラボンは納豆や豆腐などの大豆製品、アロエはヨーグルトなど、ノコギリヤシは主にサプリメントに多く含まれます。サプリメントなら薬と違って副作用がほとんど見られないので安心感も強いでしょう。

ストレスを解消して亜鉛の消費を抑える

先ほど5αリダクターゼの抑制に効果的と紹介した亜鉛ですが、実は長期にわたってストレスを受けると活性酸素が増加することから消費量が増えてしまいます。つまり、亜鉛の消費を抑えるにはストレスをうけないように生活したり、適度に解消することが大切です。

長期のデスクワーク中でもたまには休憩したり、休みの日はカラオケで思いっきり発散したり、自分なりの方法でストレスを解消してみてください。また、喫煙や飲酒でも亜鉛は消費されますので、なるべくタバコとお酒は避けるように。過度な喫煙や飲酒は薄毛だけでなく多くの健康被害をもたらしますよ。

© 2017 育毛ラボ イクモッチ All Rights Reserved.