1. HOME
  2. 薄毛・抜け毛の悩み薄毛や抜け毛に効く薄毛治療薬まとめ!それぞれの特徴や効果、副作用

薄毛や抜け毛に効く薄毛治療薬まとめ!それぞれの特徴や効果、副作用

薬とコップ

薄毛や抜け毛の悩み、なかなか人には打ち明けにくい悩みですよね。そのためどんな対策がおすすめなのか、詳しい情報も分からないまま頭皮の状況は進行していくばかり、それではいつまでたっても何も出来ないまま。しかしちょっと勇気を出せば、正しい治療を行うことは可能なのです。

最近は薄毛の治療薬などもかなり種類が増えてきており、市販のものに比べると効果を実感しやすいというデータもあります。本格的に取り組んでいきたい方、気になり出した方に薄毛治療薬についてご紹介していきたいと思います。

薄毛や抜け毛に効果がある薄毛治療薬とは?

髪が薄くなった時、どのような対策を真っ先に思い浮かべますか?海藻類を多く食べるようにする、育毛剤を購入する、こういったことを思い浮かべる方は多いでしょう。もちろんどれも不正解ではありません。

何もせずそのままでいるよりは、少なくとも何倍も頭皮の状況を改善させる可能性が高くなるでしょう。しかしより突っ込んで対策していきたい、という方は「薄毛治療薬」を視野に入れることをおすすめします。一体、どういうものなのでしょうか?

薄毛は「治療が必要な場合がある」ものです

テレビCMなどで「AGA」という単語を耳にしたことがある方も多いでしょう。これは男性型脱毛症のことで、薄毛に悩んでいる方などそういった方へ診断される症状の名前としても最近広く知られるようになってきました。

病気などとは違いますが、なんとなく薄毛や抜け毛に対してはコンプレックスであることからひた隠しにしてしまう方も少なくありません。しかしこのように明確なひとつの症状としても近年は認識されるようになっています。

この診断を受けるためには病院で診察を受ける必要があるため、やや勇気がいるという方も多いでしょう。確かに自分の薄毛がそれに当てはまるかどうかわからない、人にそれを見てもらうというのは場合によっては清水の舞台から飛び降りるぐらいの思い切りがなければ難しい、という方もいます。

ですが、この診察を受けてAGAと診断された場合のメリットとして「薄毛治療薬」を使うことが出来る、というものがあげられます。一般的に市販のものとして多く販売されている育毛剤は、医薬品として分類されるなど薬などとはまた違ったものとして存在するものです。

しかし、病院で処方されるものは薬ですのでサプリメントや化粧品などとは違い、症状を改善させるために用いるもの。つまり効果を実感しやすい、即効性に関してもある程度期待できることが特徴としてあげられます。

育毛剤をいくら塗りたくっても思うような効果が得られなかった、一向に薄毛が改善される様子がない。それは育毛剤が合っていないことも考えられますが、治療が必要な場合も十分考えられます。そう、薄毛に対しては正しいアプローチを行わなければいつまでたってもその症状が改善されることはないのです。

薬の力で薄毛は改善させることができる?

治療薬といっても活用したことがない方にとってはあまりイメージがわかないかもしれません。しかし特別な薬と構えることはありません。あくまでも頭皮に働きかけることを目的としているものであり、それに特化した効果が期待できるものです。

100%とは言えないものの、多くの方が症状を改善させることができると満足しているなど、少なくとも何もしないよりもずっと良い効果を生むことが出来るはずです。

それではどんな薬があるのか、またその薬にはどのような副作用があるのかを含めてご紹介していきたいと思います。自分で薬を決めることは難しいかもしれませんが、実際に処方されるにあたっての参考にしていただければと思います。

薄毛治療薬の気になることをまとめました

まず、治療薬といってもその種類はひとつだけではありません。今はさまざまなものが開発されているため、いくつかご紹介していきたいと思います。AGA治療薬として用いられるものは基本的な働きとして、男性ホルモンへのアプローチであったり個人ではコントロールするのが難しい部分でもあります。

もちろん効果がある分副作用の心配もありますが、必ずしもその副作用が起きるとは限りません。あくまでもそういった可能性があるということをあらかじめ理解しておくことが大切です。

ミノキシジル

育毛剤などにも配合されているなど、名前を目にしたことがある方も多いかもしれません。頭皮の血行を促進してくれるなど、発毛を促してくれる効果が期待できる薬です。毛髪サイクルの乱れが気になるなど、それによって弱ってしまった髪を元気に回復させる効果も注目されています。

副作用としてはもともと降圧剤として開発されていた薬であることから、血圧への変化が起きる可能性があるということが指摘されています。人によっては性欲減退など、そういった部分に変化を感じられる方もいるなどさまざま。費用はやや高めではあるものの、人気の高いお薬の一つでもあります。

プロペシア

こちらの薬は抜け毛を減らしてくれる効果が期待できるもの。抜け毛の原因をつくるといわれている、ジヒドロテストステロンを抑制してくれる働きがあるなど、今の状況を改善したい方におすすめできる薬と言えるでしょう。AGA治療薬としても最高推奨度を得ていることでも知られています。

副作用としては肝機能の障害や、男性機能の低下といったものがあげられます。こちらも必ず起きる副作用ではないものの、あらかじめ考慮しておくと安心です。費用についてはそこまで高くありませんので、こちらを処方されることも多いかもしれません。

ザガーロ

近頃AGA治療薬の新薬としても注目されている薬です。こちらもプロペシアと同じく、男性ホルモンのジヒドロテストステロンを抑制してくれる効果が期待できるものですので、プロペシアではあまり効果が実感できなかった、という方にもおすすめできる薬といわれています。発毛促進効果を求めている方にもいいかもしれません。

副作用として主に挙げられるのは勃起不全など。ただ、まだ比較的新しい薬であるため、それほどおおくの副作用が分かっていないというものもあります。ただそこまで心配する必要はありませんので、もし気になるようでしたらお医者さんに相談してみるといいでしょう。

どれかがより優れた薬であるというわけではない

基本的に、どの治療薬もより優れた働きを持っているわけではありません。もちろん多く扱われているなど、そういった傾向に関しては確かなものがありますが、最終的に大切なのはご自身の体に合っているかどうか、それが大切です。ですからこういった働きを持っているものだ、ということを理解した上で使用するのがおすすめです。

他にもさまざまな治療薬があります

先ほどご紹介したもの以外にもさまざまな治療薬が用いられるなど、薄毛に関しての研究はかなり進んできていると言えます。今までどんな育毛剤でもだめだった、だから効果は期待できたい。そうやって諦めてしまうことはとてももったいないことです。多くの薬をまずは試してみて、それからそう判断しても遅くはありません。

薬はその特性上効果が出やすい人、出にくい人に分かれます。またそれぞれの方に備わる免疫機能や薬に対する抵抗性などが関係していることもあるなど、ひとつの観点から薬に関していい悪いを決めてしまうことはおすすめできません。よく医師と相談すること、自分で普段から症状を見極めることが肝心なのです。

ジェネリックなども相談可能

また、ジェネリックなどを活用することもできるなどそれを含めるとかなり選択肢が広がります。ジェネリックの場合は費用を極力抑えることができるというメリットもあるため、お金の面でいろいろ気になる方にとっては選択するひとつとして考えてもいいでしょう。

AGAの治療に際しては年間で5万円以上かかるというデータもあります。それを高いと見るか安いと見るか、その価値観はそれぞれですが、ある程度金額はかかるということを知っておいてください。

薄毛への正しい対策を

いかがでしょうか。最近は薄毛に対しての治療薬など、その進歩はかなりめざましいものがあります。今の自分の状況を嘆いてばかり、何も対策を行っていないという方はいませんか?ただ薄毛を鏡でチェックしているだけでは何も変わりません。治療薬が必要であるかどうか、その見極めも自分ですることは難しいでしょう。

まずは1人でその悩みを抱えないこと。市販の育毛剤ばかりに頼るのではなく、病院へ足を運ぶこともひとつ選択肢に入れてみてください。正しい対策を行うことで、あなたの毎日が大きく変わる可能性は高いのです。

© 2017 育毛ラボ イクモッチ All Rights Reserved.