1. HOME
  2. 育毛の基礎知識飲む育毛剤ってなに?選び方のポイントや注意点について知っておこう

飲む育毛剤ってなに?選び方のポイントや注意点について知っておこう

薬を持つ男性

育毛剤といえば、頭に直接使う浸透させるタイプのものを思い浮かべる人も多いのではないでしょうか。しかし、最近では飲む育毛剤というタイプの商品も発売されていて、頭に直接浸透させるタイプのものと比べて、また違ったアプローチをすることができます。

飲む育毛剤は、文字の通りに体内に取り込んで利用するものです。体内に取り込むため、普通の育毛剤よりも、注意点なども多いので、今回は飲む育毛剤の詳細について確認してみたいと思います。

上手く飲む育毛剤を利用することができれば、育毛生活の強い味方になってくれる可能性もありますので、特徴をしっかりと把握して、注意事項を守った上で、利用していきたいものです。

飲む育毛剤について

飲む育毛剤について、調べてみると、厳密にいうと、飲む育毛剤というものは存在しないことがわかります。育毛剤と関連のあるものとして、発毛剤というものがありますが、飲む発毛剤と、いうようなものならば存在します。これらは医薬品に該当するものになっていて、このことについてはしっかりと確認しておく必要があるでしょう。

育毛サプリメントについて

飲む育毛剤というものは厳密には存在しないことがわかりました。そして、仮にある商品に飲む育毛剤という名前をつけるのならば、それは育毛サプリメントを指しているともいえるのではないでしょうか。

育毛サプリメントは、育毛に役立つような栄養分を凝縮したものになっていて、直接髪の毛を生やすような効果はありません。しかし、髪の毛の成長を促す下地づくりには役立ってくれる可能性があって、育毛サプリメントの存在についても、確認しておきたいものです。

まずは、育毛サプリメントの選び方について確認してみます。育毛サプリメントは、あくまでも髪の毛の成長をサポートするもので、薬ではありません。そのため、栄養補助という意味合いが強いです。栄養補助のためには、それなりの栄養分が含まれていなければ効果を期待できないでしょう。

そのため、育毛サプリメントを選ぶのならば、髪の毛に良いとされる栄養分をたくさん含んでいるものを厳選する必要があるでしょう。さらに、髪の毛の成長というのは、健康な体があってこそのものなので、健康的な栄養バランスを整えてくれるようなサプリメントもおすすめです。

また、栄養面だけではなく、成分の中に、育毛を促進してくれるような成分が含まれているものは期待度が高くなるのではないでしょうか。抜け毛を減らしてくれるような成分、育毛促進効果が期待できる成分など様々ですが、このような成分についても育毛サプリメント選びの目安にしてみるとよいです。

また、飲むタイプの発毛剤と育毛サプリメントを比べると、効果という意味では、発毛剤に圧倒的に劣ってしまうでしょう。しかし、育毛サプリメントにメリットがあるとすれば、それは身体に副作用を与えない状態で、育毛促進を期待することができるというものです。

身体の副作用を考える必要がなければ、長期的な飲用も考えられます。サプリメントというのは、長期的に利用していくものなので、このような副作用がないという点も重要なポイントになってきます。

基本的には、サプリメントは副作用の少ない商品になっていますが、場合によっては健康被害などが発生する可能性もあるので、副作用の部分についてしっかりと確認しておきたいところでしょう。

飲む発毛剤について

飲む育毛剤というのは、育毛サプリメント、そして飲む発毛剤を指していることが多く、次は飲む発毛剤について確認してみます。飲む発毛剤というのは、基本的に医薬品だと考える必要があって、日本で最も有名なのは、プロペシアになってくるでしょう。

プロペシアは、飲む発毛剤として、日本で認可を受けているほどで、多くの人が発毛のために利用しています。医薬品を利用する場合の注意点としては、安全性という部分が第一にあるかと思います。その意味で、プロペシアは、認可済みで多くの人に利用されているという点が、追い風になるのではないでしょうか。

プロペシアの効果について確認してみると、フィナステリドという成分がメインとなっています。フィナステリドは、飲む発毛剤に多く使われる成分になっていて、プロペシアの他にもたくさんの医薬品に使われています。

プロペシアに含まれているフィナステリドは、AGAの原因となる物質の体内での働きを妨げる効果があります。このように、体内に入ることによって、脱毛症の原因そのものをブロックする効果を期待できるのがプロペシアとなっています。

飲む発毛剤の副作用について

このように、プロペシアのような飲む発毛剤は、上手く利用することができれば、しっかりとした効果を実感しやすいものです。しかし、だからといって気軽に利用できるものではなく、なぜならば副作用の心配があるからです。

飲む発毛剤の副作用は、決して軽視できるものではなく、状況によっては、大きなトラブルを引き起こすこともあるのです。早速、飲む発毛剤に代表される副作用について確認してみます。

飲む発毛剤の副作用には、複数の症状が確認されていて、例えば肝機能障害は代表的なケースでしょう。基本的に、プロペシアなどの飲む発毛剤を利用する場合には、肝臓に大きな負担がかかるということを知っている必要があります。

正常な肝臓を持っている人ならば、ある程度の副作用に耐えられるのですが、これが肝臓が元々弱っている人ならば、非常に危険です。そのため、基本的に飲む発毛剤は、肝臓に何らかの疾患を抱えているような人は、飲むのは避けるべきだといわれています。

また、生まれつき肝臓が弱いというような人も十分に注意する必要があります。そのような場合は、かかりつけの専門医がいると思われますので、まずはその医師に相談してみることが治療の第一歩だといえるでしょう。

また、プロペシアはフィナステリド系の飲む発毛剤ということがわかりました。こちらのフィナステリドの副作用として、性欲減退が確認されることが多く、こちらも飲む発毛剤を利用する場合には、軽視することができない副作用となってくるでしょう。

しかし、注意する必要はあるものの、性欲減退の可能性は、比較的少ないとされていて、全体の中でも、少数に確認された副作用になっています。実際に、プロペシアを利用した患者で確認したデータとしては、性欲減退の副作用が確認できた患者は、全体の数%程度になっています。

このように、高い確率で発生する副作用ではないのですが、その可能性もないわけではありませんので、飲む発毛剤を利用する前にはしっかりと確認しておきたいところでしょう。また、性欲減退に伴う副作用として、勃起不全を感じた患者もいます。こちらも、詳細な因果関係は明らかになっていませんが、そのような可能性があるということについては考えておく必要があるでしょう。

性欲減退や勃起不全は、年齢的な要素で発生することもあります。そして、脱毛症も年齢的な要素で発生することがあります。このような部分を照らし合わせてみると、可能性としては脱毛症と性欲減退が同時に発生しているということも考えられるのです。

また、プロペシアの副作用について確認してみると、一部精神的な負担を感じている患者もいます。これは、うつのような症状を発症してしまう可能性があるということで、酷い場合には、自殺衝動に悩まされるような人もいるようです。

こちらの副作用についても、詳しい因果関係は解明されていない状態ですが、万が一ということもありますので、副作用のひとつとして考えておく必要があります。うつのような副作用の初期症状として、だるさや漠然とした不安感を感じることもあるので、飲む発毛剤を利用する場合には、服用開始と共に、自分の精神状態についてもチェックしていきたいところではないでしょうか。

女性の服用はNG

これは飲む発毛剤についての基本的な注意事項なのですが、プロペシアなどは、女性が服用することはできないことになっています。女性の脱毛症と男性の脱毛症では、原因となってくる部分が異なってくるので、服用しても効果がでないばかりか、何らかの悪影響が発生する場合がありますので、注意するようにしましょう。

個人輸入について

飲む発毛剤と、切っても切り離せないのが海外の製品です。上で飲む発毛剤としてプロペシアを紹介しましたが、似たような薬は、海外にも多数存在しています。そのため、とにかく効果を優先したい人は、海外からよさそうな薬を自分で輸入するという人もいるでしょう。

インターネットが発達した現代においては、それほど難しいことではありません。しかし、ここに罠があって、飲む発毛剤の個人輸入は大変危険だといえるでしょう。まず、個人輸入の関するリスクを考えるのならば、粗悪品をつかませられる可能性があるという点です。

プロペシアだとうたって、全く違った何かわからないような商品をつかまされることもあります。このような商品をつかまされた場合は、大変危険で、効果がでないだけならば、まだよかったといえるレベルでしょう。場合によっては、死亡事故に発展するようなこともあるので、個人輸入はトラブルの元だといえるでしょう。

そして、インターネットを使って、個人輸入する理由には、効果だけではなく、値段という問題あります。インターネットで商品を確認してみるとわかりますが、個人輸入で手に入るものは、とても安く手に入れることができるのです。飲む発毛剤を正しいプロセスで手に入れて、継続的に利用していこうと思っているのならば、それなりに費用も必要になってくるでしょう。

そして、ここに罠があって、少しでも安く手に入れてやろうという気持ちが、個人輸入での失敗を発生させてしまうのです。飲む発毛剤には、副作用の危険性があるといいましたが、場合によっては、粗悪品をつかまされて、それによる被害を副作用だと思い込んでいる場合もあるのです。

飲む発毛剤を試すのならば、まずは病院へ

これから飲む発毛剤を試そうと思っているのならば、まずは病院に行くことをおすすめします。AGA専門の医師がいるクリニックもありますので、そのような病院に行って、まずは相談することにより、安全に飲む発毛剤についての利用を検討できるでしょう。

しっかりと健康状態を確認した上で、医師に処方してもらうことができれば、安心して飲むことができるのではないでしょうか。また、万が一、副作用などがあった場合にも、しっかりとケアしてもらうことができるはずです。

専門の医師に処方をしてもらうことによって、かなりリスクを軽減することができますので、飲む発毛剤が持っているメリットだけを、上手く利用することができるかもしれません。このように考えてみると、飲む発毛剤を利用するのならば、AGAクリニックなどで、一度診察してもらうのが無難だといえるのではないでしょうか。

まずは育毛を試してみる

このように飲む発毛剤の詳細がわかったかと思いますが、軽い気持ちで利用することができるようなものではないこともわかりました。副作用に細心の注意を払いながら利用していく必要があります。

そして、飲む発毛剤に比べると、副作用の心配が少ないのが、育毛サプリメントであることも紹介しました。そのため、まずは副作用の心配の少ない育毛にチャレンジしてみるのもよいかもしれません。育毛サプリメントを利用して、髪の毛に必要な栄養分をサポートしてもらうのもよいですし、生活習慣を改善するのも、育毛に繋がる部分です。

睡眠習慣を整えたり、毎日の献立を見直してみるのもよいでしょう。ストレス対策なども、育毛の一環だといえますので、育毛にチャレンジして、それでも髪の毛を生やすことができなかった場合は、医師に相談して飲む発毛剤を利用してみるのもよいです。

このように段階的に対策をしていくことによって、安全に効果を求めていくことができます。日頃の育毛で髪の毛を生やすことができるのならば、リスクはより少なくなりますので、それに越したことはありません。

飲む発毛剤を利用する場合は、どうしてもリスクがつきまとうので、これから利用しようと思っているのならば、そのリスクについて今一度考えてから、服用を始めるかどうかを決める必要があります。

© 2017 育毛ラボ イクモッチ All Rights Reserved.