1. HOME
  2. 育毛の基礎知識育毛シャンプーはおすすめ?育毛シャンプーの特徴や薄毛・抜毛への効果

育毛シャンプーはおすすめ?育毛シャンプーの特徴や薄毛・抜毛への効果

シャンプー

薄毛に悩んでいる人ならば、育毛シャンプーという言葉に期待感を抱いてしまうのではないでしょうか。確かに、育毛シャンプーと聞けば、なんだか利用するだけで、髪の毛が生えてきそうな気持になってしまいます。

今回は、そんな育毛シャンプーについての色々な情報をまとめてみますので、これから育毛シャンプーを利用しようと思っているような人は、ぜひ確認してみてはいかがでしょうか。

育毛関係は、コンプレックスに関係する部分なので、ついつい見切り発車であまり考えずに商品を購入してしまうこともあります。しかし、しっかりと自分にあった商品なのかを確認しなければ、後でもったいない思いをすることになるかもしれません。育毛シャンプーにも同様のことがいえるでしょう。

育毛シャンプーとは

まずは、育毛シャンプーについて考える前に、育毛シャンプーとはいったいどんなアイテムなのかを確認してみましょう。育毛シャンプーについて確認してみると、育毛シャンプーには、直接髪の毛を生やす効果はないことがわかります。

どちらかといえば、育毛シャンプーというのは、頭皮のケアをすることができるという意味合いが強く、通常のシャンプーに比べると、頭皮に優しいシャンプー程度に覚えておくとよいのではないでしょうか。

育毛シャンプーと通常のシャンプーを比較してみるのもおすすめで、通常のシャンプーには、少なからず頭皮に刺激のある成分が含まれているものが多いです。これは、値段が安くなればなるほど頭皮へのダメージが増加する傾向もあるので、安いからという理由で、安易にシャンプー選びをしている場合には、かなり頭皮にダメージが蓄積されている状態かもしれません。

一般的なシャンプーにも、敏感肌や頭皮のケアを考えられたものもありますが、やはり、頭皮ケアを第一に考えるのならば、通常のシャンプーよりも、育毛シャンプーを選ぶのがおすすめではないでしょうか。

また、育毛シャンプーと通常のシャンプーを比較する場合に注意したいのが、洗い上がりの違いです。育毛シャンプーは、頭皮をケアしてくれるシャンプーなので、洗い上がりも良好と感じる人も多いかもしれません。

しかし、通常のシャンプーの洗い上がりに慣れてしまった人は、育毛シャンプーでは物足りなさを感じる可能性があります。なぜならば、通常のシャンプーというのは、とにかく使用感に特化したシャンプーになっているからです。

そのためには、洗い上がりのさっぱりした感じや、泡立ちなんかも重要になってくるでしょう。それらを、より強く発生させるために、髪に悪い成分が配合されることもあるので、洗い上がりの良さと頭皮ケアをイコールで結ばない方がよいです。

また、一般的なシャンプーは、使ったという感じを演出するために強い香りが含まれています。しかし、育毛シャンプーは、頭皮の健康を第一に考えるので、香料をなるべく利用しないような商品が発売されています。

また、香りをつける場合にも人体に影響の少ない植物由来の成分を利用したりと、徹底的な工夫がされているのです。もちろん、育毛シャンプーの場合は、香りも長続きしないことが多いので、その点にも注意したいところです。

育毛シャンプーの成分について

育毛シャンプーの洗浄力について確認してみると、通常のシャンプーに比べると、少し劣ることがわかります。これは、頭皮の汚れを落とし過ぎないためで、頭皮の汚れには、落としてよい余分な油分と、落としてはならない油分があります。

この落としてはならない油分というのは、頭皮をコーティングしてくれる油分になっていて、頭皮の健康を保つためには必要不可欠なのです。頭皮ケアを考えた場合に、あまりシャンプーの回数を多くしたり、ごしごしと洗わないようにといわれることがありますが、これは頭皮のコーティングをしてくれる油分までを落としてしまわないためなのです。

このように育毛シャンプーは、通常のシャンプーに比べると、洗浄力を強くするための成分が控えめになっているので、洗い上がりという意味では、物足りなさを感じてしまう可能性があります。

育毛シャンプーに使われている具体的な成分について確認してみると、まずはアミノ酸が考えられるでしょう。こちらのアミノ酸というのは、界面活性剤として利用されるものになっていて、一般的なシャンプーに配合されている界面活性剤である、アルコール系の成分と比べると、かなり肌に優しい成分となっています。

界面活性剤というのは、頭皮の汚れを落とすために必要なもので、タイプによって性質が異なってきます。その中で、優しい洗浄効果を発揮してくれるのがアミノ酸系の界面活性剤というわけです。

アミノ酸系の界面活性剤は、アミノ酸と書かれているわけではなく、メチルアラニンやグリシン、グルタミン酸といったように、成分名で書かれていることが多いので、これらの成分名からアミノ酸系なのか、それ以外なのかを見極めていきたいものです。

また、育毛シャンプーを選ぶ場合には、洗浄効果の控えめなものを選ぶのがポイントというのは、間違いないのですが、洗浄効果を控えめにしすぎたため、汚れ落ちないというのでは意味がありません。

そのため、育毛シャンプーを成分で選ぶ場合には、ある程度汚れを落として、頭皮を清潔に保つための成分も含まれている必要があります。そして、そのための成分になってくれるのがグリチルリチン酸と呼ばれる成分になっていて、主に頭皮環境を清潔に保って、雑菌の繁殖を予防してくれる効果を期待できます。

こちらの、グリチルリチン酸というのは、殺菌効果や抗菌効果を期待することができます。さらに、炎症を抑制してくれる効果を期待することもでき、これらの効果が頭皮にとって良い状況を作り上げてくれるのです。

頭皮が炎症していたり、雑菌が繁殖していたりする場合には、とてもじゃありませんが、環境が良いとはいえません。そのような状態で育毛を進めていくのは、育毛を難しくするだけなので、グリチルリチン酸のような成分が含まれている育毛シャンプーをチョイスすることも大切になってくるはずです。

さらに、植物油の中にも頭皮に良い影響を与えてくれる可能性のある成分があります。代表的なものとしては、ホホバオイルというもので、こちらは植物由来の天然のオイルになっています。人間の肌に馴染みやすいという性質を持っており、植物オイルの中でも、より安全に利用することができる成分となっています。

ホホバオイルには、どのようなメリットがあるのかといえば、それは頭皮を乾燥から守ってくれるというようなメリットです。頭皮の乾燥は、髪の毛に色々なトラブルを巻き起こしてしまいますので、十分に注意する必要があるでしょう。

また、最近話題のものについては、ノコギリヤシの成分なども注目されています。ノコギリヤシの成分には、男性型脱毛症の進行を防ぐ役割があるのではないか、と近年注目を集めています。育毛剤などにも利用されているのがノコギリヤシの成分で、こちらも育毛シャンプーを選ぶのならば、見逃せない成分となっているのではないでしょうか。

このように、育毛シャンプーには、頭皮に良いとされる成分が含まれていることが多いので、事前に成分を確認して、どんな成分が含まれているのかを把握しておきましょう。成分の把握は、自分と相性の良い育毛シャンプーを選ぶためには必要不可欠です。

育毛シャンプーの効果について

育毛シャンプーの特徴や成分について確認したら、今度はその効果について確認してみてはいかがでしょうか。特徴や成分を把握している分、わかりやすいはずです。まず、育毛シャンプーの効果としてあげられるのは、皮脂を落とし過ぎない適度な洗浄力という点です。

これは、普通の安価なシャンプーでは、なかなか実践できない部分で、頭皮にとってより良い環境を作り出すためには、必要不可欠な行為でもあります。適度な洗浄力という部分が重要であって、ある程度の洗浄力がなければ、余分な皮脂を落としきれません。

また、肌への刺激になる成分が極力抑えられているので、頭皮へのダメージが少ないともいえるでしょう。さらに、シャンプーは洗浄の仕方によっては、シャンプーが流れ落ちる際に、背中などにダメージを残してしまうこともあります。

これが、背中の肌荒れに繋がり、ニキビなどの原因になることもあるので、頭皮に優しいのはもちろんですが、何より肌に優しいということができます。また、頭皮ケアに特化したシャンプーこそが、育毛シャンプーであるともいえます。

優しい洗い上がりによって、頭皮をケアするという意味もありますが、その他にも頭皮の健康を促してくれるような成分が含まれていることが多いのです。このような、育毛シャンプーの効果について確認してみると、育毛シャンプーというのは、髪の毛を生やすための下地を整えてくれるものであることがわかります。

ストレスによって体内の機能が乱れに乱れた現代においては、ほとんどひとつの原因から薄毛が発生していることは考えられないでしょう。複合的な要素が絡み合って、薄毛が発生してしまいますので、ひとつひとつ丁寧に原因を潰していくしかないのです。

そして、髪の毛、頭皮を清潔な状態に保って、摂取した栄養分がしっかりと頭皮の成長に反映されるようなケアも大切です。これが育毛シャンプーによるケアになってくるのです。

逆に、育毛シャンプーを使っていても、髪の毛に必要な栄養分が摂取されていなければ、髪の毛の材料がそもそもないことになり、こちらも効果を見込むことはできないでしょう。育毛については、広い視野で考えることが、とにかく大切なので、あくまでも育毛シャンプーは対策方法のひとつであることを忘れてはなりません。

育毛シャンプーの選び方

育毛シャンプーについて確認してみると、育毛シャンプーには、直接髪の毛を生やしてくれるような効果はないことがわかりました。しかし、髪の毛や頭皮について大切な存在であることも同時にわかってもらえたかと思います。そして、そんな育毛シャンプーの選び方について、ここで確認していきます。

育毛シャンプーというか、シャンプー選びで大切なのは界面活性剤の種類です。上でも紹介した髪に優しい界面活性剤であるアミノ酸系の成分ですが、このアミノ酸系という部分に注目して、まずは界面活性剤の種類を確認してみましょう。アミノ酸系の界面活性剤なら、優しい洗い上がりを期待することができ、それでいて適度に皮脂を落とすこともできます。

そして、自分の頭皮と相性の良い成分が配合した育毛シャンプーを選ぶというのも大切になってきます。そのためには、自分の肌質を知る必要があって、皮脂の分泌が元々多いタイプの肌質ならば、髪の毛についてしまった皮脂をある程度しっかり落とせるようなシャンプーを選ぶ必要があります。

育毛シャンプーの中にも、少し洗浄力が強いタイプの商品もあるので、このように商品の特性をよく理解した上で、自分に合致した商品を選ぶようにしてください。また、育毛シャンプーを利用しても、洗い方が悪ければ台無しにしてしまうという点についても確認しておきたいところです。

例えば、育毛シャンプーというのは、洗浄力を控えめにしているシャンプーなのですが、その分だけ洗う回数を多くしてしまっては、何の意味もなくなってしまいます。

さらに、シャンプーを手に取って、しっかりと泡立てることも大切で、このひと手間を行わずに、直接髪にシャンプーをつけてしまっていると、汚れが十分に落ちない可能性もあります。育毛シャンプーは、洗浄力をなるべく落として、髪への刺激を減らしたものなので、その分だけ重要になってくるのが普段の洗い方です。

また、育毛シャンプーが髪の毛に良いシャンプーだからといって、しっかりとシャンプーを落とさないのもいけません。どんなシャンプーを利用しているのであっても、すすぎはしっかりと行うことがポイントなので、忘れないようにしましょう。

さらに、髪を洗った後に、髪の毛を濡れたままにしているのも、育毛シャンプーの効果を意味のないものにしてしまう行為です。頭皮を濡れた状態にしておくということは、雑菌の繁殖を助けてしまうということなので、いくら育毛シャンプーに抗菌成分が含まれていても、雑菌を繁殖させてしまう可能性があるのです。ドライヤーの風量で髪の毛を乾かすというイメージで、なるべく低い温度で手早く乾かすようにしましょう。

一般的なシャンプーの髪への影響

育毛シャンプーというのは、より、ただの水洗いに近づけるためのシャンプーともいえるでしょう。化学成分による髪への影響力を最小限に抑えたものが、育毛シャンプーといえるのです。

ここでは、一般的なシャンプーに含まれている化学成分が頭皮や髪の毛にどういった影響を与えるのかを考えてみます。こちらを知ることによって、ずいぶん育毛シャンプーへの理解が深まるのではないでしょうか。

一般的なシャンプーは洗浄力を強めるために、界面活性剤を工夫しています。こうすることによって、洗い上がりがさっぱりとして、いかにも汚れを落としたという気持ちになれるのです。

ラウリル硫酸やラウレル硫酸といった成分が使われることが多いのですが、これらの成分は洗浄力という意味では優秀なのですが、あまりにも洗浄力が強すぎて、頭皮の皮脂を落とし過ぎるという特徴があります。

また、一般的なシャンプーが頭皮に影響を与える理由として、シリコンも見逃せないところでしょう。一時期ノンシリコンシャンプーブームが発生しましたが、このことからもシリコンが頭皮に与える影響をうかがえるのではないでしょうか。

シリコンは、頭皮を詰まらせることによって、頭皮に影響を与える可能性があって、この状態は、髪の毛の発育にとっては良い状態とはいえません。そして、こちらのシリコンというのは、洗い上がりをよくするための成分でもあって、シリコンとノンシリコンでは、洗い上がりの差が明らかに違うのです。

このように一般的なシャンプーの中には、頭皮に悪影響を与えてしまうような成分が含まれていることがわかります。このことからも、育毛シャンプーというのは、頭皮に悪影響のある成分を寄せ付けないという意味でも選ぶ価値はあるといえるでしょう。

一般的に販売されているシャンプーは、価格の面では、とても合理的だといえるでしょう。しかし、髪の毛への影響までを考えた場合には、色々と悩みどころがある商品なので、このような事実について確認しておくことも重要になってきます。これらが育毛シャンプーの詳細になっていますので、育毛シャンプーと一般的なシャンプーの違いをよく確認した上で、自分はどちらを選ぶのかを確認していくとよいです。

© 2017 育毛ラボ イクモッチ All Rights Reserved.